からだでおぼえる、かならず身につく | ワンクリックITスクール | 愛知県知多郡武豊町
パソコン、スマートフォン(iPhone、Android)、タブレット(iPad、Android)が学べるワンクリックITスクールのブログです。
お問い合わせ・無料体験はこちら

愛知県知多郡武豊町のITスクール、パソコン教室、スマートフォン・タブレットの学習

グログ

最近、しばしば聞かれることがあります。

「パソコンとスマホ、どちらを勉強したら就職に有利ですか?」

ということ。

「どちらも重要です!」

と言ってしまえば、それで終わってしまうので、少しだけ時間をいただいて、パソコンとスマホの特徴の違いをご説明させていただいています。

簡単に言ってしまえば、パソコンは何かをつくることが得意です。
そして、スマホは何かを調べることが得意です。

例えば、文字や数値を入力したりする事務作業。
見積書や納品書や請求書をつくったりする時は断然パソコンが有利です。
社内で作業する時はパソコンがメインになると思います。

一方、スマホは会社から出た時に強い。
外出先でもインターネットを検索したり、自分のスケジュールを調べたり、資料を写真にとってメモとすることもできます。
使いこなすと仕事も有利になります。

さて、それではどちらを勉強したら就職に有利か?
私の答えは、「まずはパソコン!次にスマホ!」です。

スマホもパソコンが使えてこそ最大の利便性を発揮します。

スマホをスマートに使いこなせる方は、仕事の基礎能力が高いと言っても過言ではありません。
しかし、スマホは仕事上、必須とは言えません。
だから、まずはパソコン。
そして、次にスマホ。

というご案内を少し長くなりますがさせていただいてます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ここ数年、この時期になると経営者の皆様から相談を受けます。

『新入社員が思ったよりパソコンを使えないんだけど...』

といったもの。

これは仕方ないです。
スマートフォンが活躍しているので、パソコンを触る機会が減っているのです。

例えば、調べものをするとき

30年前なら、図書館。
5〜15年前なら、パソコン
しかし、今ならスマートフォンです。

逆に、今、図書館で調べものするときの流れやコツを思い出せますか?(^_^;)

・・・というわけで、若い世代の方々は、パソコンがちょっとだけ苦手です。
しかし、ITスキルは決して低くありません。
少しコツをつかめば、すぐに上達します。

新入社員の方をぜひワンクリックITスクールへお送りください (^^)/
会社の意向で通っている方もたくさんいらっしゃいますよ!
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、ワンクリックITスクール代表の大嶋です。
過去にも何度かブログに取り上げている話題ですが、今でもよくご質問いただきますので、本日は本格的にご説明させていただきます。

まずはじめに、ワンクリックITスクールは資格取得のためのスクールではありません。
もちろん、資格取得はおすすめしたいことではありますが、それがメインではありません。

よく「どんな資格を取得すれば就職(再就職)できますか?」というご質問をいただくのですが、正直、『就職(再就職)できる資格』という魔法のような資格はありません。
パソコンスキルを活用して就職するのであれば、面接にて「パソコンは使えますか?」というでお決まりの抽象的な質問に対して、具体的に、しっかりと返答できることが重要です。
(面接担当者は、”わざと”抽象的な質問して、具体的な返答を求めます。)

一般的な事務担当の職種の面接であれば、
「ワードを利用して案内文書や簡単なチラシくらいは作成することができます。
また、エクセルを利用して見積書、納品書、請求書、工程管理表くらいならすぐに作成できます。
あとは、支払、発注、受注などのデータ集計や差込印刷を利用してはがきを印刷する程度のスキルはもっています。」
と伝えることができれば、かなり伝わるのではないでしょうか?

逆に
「MOSの資格を持ってますから、パソコンはおおよそ使えます!」
と抽象的な答えを返しても、面接担当者の方はMOSがどのような内容でどの程度のスキルに相当するのかが分からないことの方が多いと思います。

あと気になる点が一つ。
多くの就職希望者は『就職することが目的』であるように思えます。
しかし、これが落とし穴です。

新卒での採用でない限り、ほとんどの面接担当者は「この人が入社に値する人材かどうか?」という視点では見ていません。
「この人が入社したら、自分の会社(業務)がどうなるか?」という視点で見ています。
だから、『就職することが目的』になってしまうとお互いの気持ちが合わないのだと思います。
「御社に就職できますよ!」というアピールではなく、「就職した後、御社の戦力になれますよ!」というアピールができるような知識と実力をつけなければいけません。

もちろん、採用には複雑な理由があります。
就職希望者からは見えない会社側の事情もあります。
もし、なかなか採用されなくても、気を落とさないこと。
これも一つ、重要なポイントですね (^_^;)

・・・というわけで
ワンクリックITスクールは、『実践的な課題を通して実力をつける』ということを重視しています。

ちなみに、弊社もスタッフ募集中です。
我こそは!という方、ぜひエントリーお願いいたします!

▼ 募集職種
・Webデザイナー
・ワンクリックITスクール インストラクター
・ジーニアスクラブ インストラクター
このエントリーをはてなブックマークに追加

4月からの新生活に向けて勉強をき

...と考える方は、意外なほど多いようです。

ワンクリックITスクールでも、やはり4月に向けて勉強手 という気持ちで通い始めていただける方は多くいらっしゃいます。

そんな時期ですので地域情報誌STEPさんへも、そんな内容で広告を掲載いただきましたエクステンション



今回はジーニアスクラブも一緒に掲載ですき

新生活に向けて本気でスキルを身につけたい!という方をスタッフ一同全力で応援いたしますき
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

IT系の資格はたくさんありますが、就職に対して有効だと思われる資格は、実はそれほど多くありません。
よくMOSというエクセルやワードの試験に合格すれば就職に有利だ......
という記載を見ますが、
残念ながら、ほとんど有利にはなりません

なぜなら、MOSを持っている人は、
エクセルやワードの操作ができる人ですがパソコンが使える人とは限りません。
企業側も、このことは良く知っています。

そんな中、間違いなく有効なのが【国家資格】です。
ただし、はっきりいって、本気で勉強しないと合格できません。
そして、『パソコンが使える人』でないと合格はほぼ無理と言ってもいいでしょう。

ワンクリックITスクールが推奨する国家資格は以下の2つ。


【ITパスポート】

この資格を持っているとITが分かる人と認定されます。
IT系の企業へ入社するなら最低限のスキル保証。
それ以外の企業へ入社するならアドバンテージとなります。

【基本情報技術者】

この資格を持っているとITエンジニアに適性がある人と認定されます。
逆に適性がないと合格するのは難しいレベルの試験と言えます。
簡単には合格できませんが、就職活動がはじまるまでに合格できれば、大きなアドバンテージとなります。
IT業界へ再就職を目指す方にもおすすめです。



ワンクリックITスクールでは、資格取得のための特別なカリキュラムはありません。
しかし、自力で資格を取得するための ”実力をつけるカリキュラム” が揃っております。
また、資格取得のためのアドバイスやバックアップもさせていただきます (^−^)
このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、ニュースなどでもしばしば話題になります。
新入社員のパソコンスキル低下問題。

数年前から、私自身も感じています。
大きな理由の一つは簡単で、学生期間中にパソコンを利用する機会が少なくなってしまったからです。
スマートフォンでインターネットを利用し、学校の授業とレポートの提出の時くらいしかパソコンを触らない方も多く、必然的にパソコンスキル低下の傾向があらわれるわけです。

ITスキル全体が低下しているとは思いませんが、やはりITスキルを身につける基本はパソコンを利用することです。
ワード、エクセル、メールくらいは必ず身につけておきたいスキルです。
また、ビジネスメールマナー、WiFi、ルータの知識、最低限のパソコンメンテナンスの知識があれば入社後の自分に自信がつくと思います。

企業・法人様が新入社員研修として当スクールをご利用いただくこともできますよ (^−^)
このエントリーをはてなブックマークに追加

前回に引き続いて、今回は「就職後に持っていると重宝されるITスキル」について、いくつかご紹介します。

1.WiFiルータなど、通信機器の設定ができる

2.パソコンが調子が悪い場合に治せる。最悪、初期設定状態に戻せる。

3.インターネットや社内ネットワークに接続ができない時の原因の切り分けができる

パソコンが動かない状況下では、一定の業務がストップしてしまいます。
また、インターネットや社内ネットワークに接続できない状況下では、会社全体の一定の業務がストップしてしまいます。
この時間に1日費やしてしまうのか、半日で復旧できるのかでは大きな差が出ます。
こういった問題が発生した時、原因の切り分けを行い、特定の専門業者へ修理を依頼するなどしてスムーズに問題を解決できる人材は非常に重宝されます。
スムーズに問題を解決できれば、「社内のヒーロー」になれます (^−^)

4.社内の情報を管理するための効率的な方法(仕組み)を考えることができる

社内の作業効率改善を提案できる社員は重宝されます。
提案が採用されれば、必ず一目置かれます (^−^)

5.セキュリティに関しての知識を持っている

自分が利用するIT機器の安全な使い方は知っておくと良いです。
通信機器のセキュリティ設定を正しくできる、もしくは設定が正しくないと判断できるスキルがあるとなお良いです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

新年度の開始が直前となり、最近リクエストをいただくことが多い「就職前に身につけておきたいITスキル」について。
一部ではありますが、いくつかをご紹介します。

1.メールを利用することができる

就職すると、もしかしたら、初日からメールを利用することになるかもしれません。
メールの送受信だけでなく、To、From、Cc、Bccなどの意味や署名の作り方も知っていると良いです。
ビジネスメールのマナーまで身につけておくと、さらに良いです。

2.エクセル・ワードなどで既に作成された書類フォーマットを入力・編集できる

日報、進捗管理、旅費の精算など、会社にはいろいろな書類のフォーマットがあります。
その決められたフォーマットに情報を記入することは、最低限のITスキルと言えます。

3.インターネット検索やインターネットで買い物や予約ができる

言うまでもなく、必ず利用することになるでしょう。
ポイントは、素早く行えることです。

4.エクセルで何かの情報を管理するための資料を自分で作成することができる

仕事をすると、考えたことの結果をまとめておく必要があります。
また、仕事の成果を報告する必要があります。
そういったときに、エクセルなどで情報を管理するべき機会は多々あります。

5.ワード、エクセル、パワーポイントなどで他人に何かを伝えるための資料が作成できる

二人以上で仕事をする以上、自分で考えたことを他人(同僚)に伝える必要があります。
お客様へ自社製品やサービスの良さを伝える必要もあるかもしれません。
そんなときに作成するのが資料であり、資料を作成するためにはITスキルが必要となります。

6.スマートフォンやタブレット端末とパソコンのデータをやり取り(連動)することができる

パソコンだけでなく、スマートフォンやタブレットなども活用できることが今後のビジネスシーンでは必須となってきます。
そして、スムーズにデータをやり取りする方法を知っておく必要があります。
このエントリーをはてなブックマークに追加

本日より入学された女性の方。

ご希望のカリキュラムは、VBA

つまり、プログラミングです。

今流行りのリケジョ(理系女子)ですね (^−^)
このエントリーをはてなブックマークに追加

近日、「パソコンを利用しての在宅勤務」を目指して、ワンクリックITスクールへ相談に来ていただけるケースが増えております。
非常に嬉しいことです。

フリーランス、SOHO、ノマドワーカー。
特に最近では、”クラウドソーシング”という言葉が流行っています。

お子さんがまだ小さく、自宅を離れられない主婦の方。
副業を求めている方。
この2パターンが多いように思えます。

さて、それではパソコンを利用した在宅勤務に必要なスキルとはどんなものなのでしょうか?
データ入力スキル、翻訳スキル、デザインスキル、プログラミングスキルなど。
たしかに、上記のような専門的スキルが必要となってきますが、実際にはそれだけでは不十分です。
業界で働くための標準的な基礎のスキルを身につけなければなりません。

お客様からいただくワード、エクセル、パワーポイントなどで作成された資料を扱わなければなりません。
逆に資料を作成する必要も出てきます。
メールでのやり取りも必要となります。
メールの作法も知っておかなければなりません。
ファイル共有やファイル転送サービスを扱わなければならないケースもあります。

意外と知られていない事ですが、必要となるスキルは多岐に渡ります。
在宅勤務をするためのスキルを身につけるためには、目的の最終地点だけを見るのではなく、その過程で必要となることを考え、必要なカリキュラムを設計して一つずつ身につけていくことが重要です。

このエントリーをはてなブックマークに追加


selected entries

categories

archives

recent comment

ブログ内検索

mobile

qrcode
ページトップに戻る